七五三の子ども衣装とママ・パパの服装特集

七五三 子ども衣装11月15日は七五三ですね。七五三は普段着ない和服を着たり、お参りやスタジオでの写真撮影など色々と大変なこともあります。でも数年経ってから思い返してみるとこれがまた良い思い出だったりするものです。
七五三の少なくても1ヶ月前には衣装を揃えておきたいですが、今では当日発送もしてくれる通販も多いので忙しいママ・パパさんはネットを利用するのも便利です。

 

それでは、子ども・父親・母親それぞれの七五三の服装について見て行きましょう。

七五三 子どもの服装は?

七五三 女の子衣装七五三は子どもが晴れ着姿で氏神様に詣でる行事なので、ぜひ着物姿でお参りしたいですよね!ただ和服も買うと安くはないので着物レンタルを利用したり、入卒園・入学式のフォーマルを着回して行事を楽しむ親子もいます。
七五三で多くのお子さんを見てみると、男の子は黒・グレー・紺など濃い落ち着いた色、女の子は赤や朱色、ピンクなど鮮やかな着物姿が多いです。着物を着せる場合は行事だけのために着物を買うのはもったいないという親御さんもいらっしゃると思います。

 

今では振り袖や袴など和服をレンタルできるネット通販もあるので便利です♪

 

>> 七五三 子ども着物はこちら

 

>> 着物レンタルはこちら

 

七五三 母親の服装は?

ママの衣装は黒・紺・グレー系のフォーマルスーツや派手ではない淡色の着物を着たりします。
母親によっては親子で着物を着てお参りや記念撮影を楽しむ光景も見られるので、スーツか
着物かは好みで決めても大丈夫です。
ただ七五三は子どもの行事なので、父親はスーツ、母親はワンピース・ブラウス・
ジャケット、スカートなどのフォーマルの方が子どもがより引き立って見えます。

 

>> 七五三のママ衣装・着物はこちら

 

>> ママ用フォーマルスーツはこちら

 

七五三 父親の服装は?

パパの衣装は、黒・紺・グレー系のスーツや、黒・紺など濃色の袴を着てお参りします。普段仕事で着ているスーツを着回すこともできますが、行事の意味合いから寄れてなくアイロンがけされているスーツにしましょう。普段、作業着・私服で働いているお父さんは、お子さんの入卒園・入学式にも着回せるスーツ一着あると便利です♪

 

>> パパのスーツはこちら

 

>> パパの袴・衣装はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

七五三 親子の服装記事一覧

七五三 いつ?

子どもも楽しみにしている七五三っていつ行われる行事なのか?七五三の日は11月15日とされています。神社へのお参りも当日に行ければ理想ですが実際は前後の土日に行く家庭も多いようです。お参りは11月15日前後の土日(大安)が混み合うので、10月〜11月中の大安の土日を選んで神社へお参りに行くのが良いです。実際は混みあってしまうと移動やお参り・写真撮影も時間がかかるため、子供が我慢できなくグズってしまう...