七五三っていつ?神社のお参り・お祝い祝儀・千歳飴・写真など

七五三 いつ?子どもも楽しみにしている七五三っていつ行われる行事なのか?七五三の日は11月15日とされています。神社へのお参りも当日に行ければ理想ですが実際は前後の土日に行く家庭も多いようです。お参りは11月15日前後の土日(大安)が混み合うので、10月〜11月中の大安の土日を選んで神社へお参りに行くのが良いです。
実際は混みあってしまうと移動やお参り・写真撮影も時間がかかるため、子供が我慢できなくグズってしまう可能性高いです・・^^;
また、北海道・東北など寒い地域は、雪が降る前の10月中に七五三を済ませてしまう家庭も多いです。

七五三とは何か?

七五三とは名前のように、子供が三歳、五歳、七歳になった節目に今まで成長を感謝し、
これからの幸福や健康、長寿を神様へお祈りする行事です。昔は今と違いって乳幼児の
死亡率が高かったため、健康と幸せを祈って行われるようになったようです。
仕事で忙しいと子供の七五三を省略しがちですが、厄払いの意味合いもあるので出来れば
親子で七五三を楽しみたいですね♪

お参りする神社は?

ご近所の小さな神社でもOKです。〇〇神宮など有名な神社でお参りする家庭も
多いですが、当日は特に混みあうので行事参加やお参りは事前予約が必要なところもあります。
大きな神社でお参りするなら駐車場が有り無しも含め、一度調べてみることをおすすめします。

七五三のお祝いは?

七五三で気になるのが「お祝い」です。お祝いは「お金」や「品物」として、
身内の親戚や親密な関係にある人が贈るものとされています。

お祝い金の相場は?

親戚であれば、5,000円〜10,000円ほど、祖父母では10,000円〜100,000円と
高額な場合もあります。贈る物に厳密な決まりはないので、入学前ならランドセルや
学習机などをプレゼントする祖父母もいるかと思います。

お祝いを贈る時期は?

七五三のお祝いを贈る時期は、11月1日〜11月15日(当日)までとされています。

祝儀袋について

のし付きにして、水引は紅白の蝶結びとします。表書きには「七五三御祝」「祝七五三」「御祝」と書いたり、三歳児は「賀御髪置」「御髪置御祝」、五歳児は「賀御袴着」「御袴着御祝」、七歳児は「賀御帯解」「御帯解御祝」とするのが一般的です。

千歳飴とは?

千歳飴は子どもが健康で長生きすることを願い、細長く縁起が良いとされる
紅白色となっています。切っても切っても同じ網様の飴は見ても楽しめるし、
どうやって作ってるのか?と好奇心旺盛は子どもは興味津々ですよね^^

撮った写真は?

子どもの記念写真って溜まると整理するの大変ですよね^^;
写真はある程度溜まったらフォトブックにしておくと楽です。
整理もしやすく子どもが大きくなってから自分の思い出を楽しめます♪

 

フォトブックここで作れます↓

 

 

 

七五三は実際してもしなくても別にバチが当たるわけでもない行事ですが、子どもにとって良い思い出になります。思春期や大人になって辛いことがあった時、家族から大切にされたという糧になるので、3歳、5歳、7歳になるお子さんがいる方は近所の神社にでもお参りへ行ってみましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加